フロア・ビューティ

対象箇所:床

4つのビューティ - Reform Service

サンプル 施工例 価格表 お客様の声

お風呂の床に専用フロアを直接貼るだけのリニューアル工法

サービス紹介・特徴

お風呂の床に専用フロアを直接貼るだけのリニューアル工法です。
ユニットバスはもちろん、在来浴室のタイル床やモルタル下地にも施工可能です。
断熱性能、防カビ性能、耐水性、耐熱性、熱伸縮性、耐摩耗性、耐薬品性に優れています。フロア・ビューティでは、断熱性能により優れた、「あったかシート」と突き刺しやカッター等での切り裂きにも強い「しっかりパネル」の2種類があります。


フロア・ビューティが選ばれる5つの理由

1.
断熱性能に優れた床材で冬場の床の冷たさから開放されます。
2.
滑りにくい床材で転倒防止に役立ちます。あったかシートはクッションがあり、万一の転倒にも安心です。
3.
抗菌・防カビ仕様
お風呂のカビの悩みから開放されます。
4.
短い工期
下地処理も含めて、基本1日で完了です。
5.
工事中の騒音がありませんので、集合住宅でもご近所さまに迷惑をかけません。

あったかシート施工例

ソフトな素材で断熱性能に優れ、転倒時のケガ防止にも役立ちます。 介護保険の住宅リフォーム適用です。
サイズは1,800mmの長尺となります。5種類の色柄からお選びいただけます。

在来浴室 (タイルのお風呂)のあったかシート貼り

浴槽は一回り大きなものに入れ替えました。
浴槽を解体撤去するために床の一部をハツル必要があります。ハツったあとモルタルで補修して床全体をシート貼り。
湯船が大きくなり、床の冷たさも解消されました。



柱とかが邪魔になってユニットバスが入らない変形浴室

浴槽と給湯器は入れ替えました。
床はあったかシート、壁はパネル貼り。



築26年の戸建て在来浴室

建物も古くなると、外壁等のリフォームにもお金がかかるため、お風呂はバスビューティでリフォームすることに決定。
床はあったかシートでリニューアル。
浴槽はペイント、壁・天井はパネル貼り。



戸建て住宅 在来浴室のあったかシート貼り

タイル目地のカビが気になるとのことでバスビューティをご採用。
床はあったかシート。
壁はタイル専用のフィルム貼り。



ほかの施工例も詳しく見たい方はこちら⇒

しっかりパネル施工例

アイボリー、グレー、ライトグリーン、ピンクの4色から選べます。
切り裂きや、突き刺しにも強い素材なのでホテルや賃貸住宅等での業務用に最適です。
サイズは1,000×1,200mmと1,300×1,600mmの2種類があります。介護保険の住宅リフォーム適用です。

けっこう広めの在来浴室 しっかりパネル貼り

中古住宅をご購入のオーナー様。お風呂全体の濃い色が気に入らないとのことでバスビューティをご採用。
床はしっかりパネル。
壁・天井はパネル貼り、浴槽はペイント。



賃貸マンション タイル仕様ユニットバスの床

床がタイル仕様のユニットバスです。
タイルがボロボロと剥がれ、接着剤で補修してもまた剥がれるとの事でした。
全部のタイルを剥がしてフロア・ビューティでリニューアルしました。



賃貸マンション ユニットバス

かなり年季の入ったお風呂です。
浴槽はペイント、壁はフィルム・ビューティです。



3点式ユニットバスを2点式に変更

便器を撤去してユニットバスの隣にトイレを新設しました。
お風呂の床に穴を開けて配管工事。下地を補強して、最後にフロア・ビューティで仕上げです。



介護施設の浴室

デイサービスの浴室です。
防水ウレタンの上に防水塗装をしただけのお風呂で、利用者さんからの評判が悪かったそうです。
滑りにくい床材ですので転倒防止に役立ちます。



3点式ユニットバスを2点式に変更

賃貸マンションのユニットバスです。
やはり3点式の狭いお風呂は評判が悪いみたいで、トイレを別に新設しました。
ユニットバス入れ替えよりも低予算でリニューアルできました。



社宅のユニットバス

大手企業の社宅です。お風呂も何度か手を入れておられるようでしたが、床に貼ったフィルムが剥がれてきたそうです。
床の凹凸を埋めて下処理。しっかりパネルでリフォームです。



ほかの施工例も詳しく見たい方はこちら⇒

しっかりパネルとあったかシートの違い

どちらにも共通するのは4mm程度の厚みがありますので、それだけ床が高くなります。
排水口まわりの納まりはタイル床の丸型排水口の場合、専用見切り材と目皿で段差を解消し、四角いグレーチングの場合やユニットバスの場合は段差がつきます。

タイル床の場合は「あったかシート」、ユニットバスの場合は「しっかりパネル」を選ばれるお客様が多いようです。コストはどちらもほぼ同じですが、広い浴室の場合は「あったかシート」が割安です。

どちらを選ぶかは、お客様のお好みによると思いますが、賃貸住宅やホテル等の業務用の場合は「しっかりパネル」を選ばれるお客様が多いようです。


フロア・ビューティQ&A

Q.

工期は何日くらいかかりますか?お風呂は何日後から入れますか?

A.

一般のお風呂であれば、下地調整を含めて1日で完了します。施工当日は入浴できませんが、次の日の夜から入浴できます。

Q.

下の階に水漏れしましたが、フロア・ビューティの工事で防水できますか?

A.

床面だけの防水効果はあります。
漏水の原因は、[1]配水管 [2]床及び、壁と床との繋ぎ目 [3]壁面 [4]給水管、が考えられます。
排水管からの漏水でない場合は以下の方法で防水工事を行います。
床面と壁の立ち上がり10cmをウレタン樹脂で防水工事を行います。仕上げを床にフロア・ビューティ、壁立ち上がり部分に樹脂巾木、又は壁全体をパネル・ビューティで仕上げます。バスビューティなら床の解体をせずに安価で防水処理ができます。

Q.

断熱効果はありますか?

A.

特にタイルの床では冬場の床の冷たさが大きな悩みのひとつかと思います。
フロア・ビューティでは断熱性の高い床材を使用しますので冬場の冷たさが解消されます。
特に「あったかフロア」は発泡系の柔らかい素材ですので更に断熱効果が発揮されます。

Q.

洗面所やトイレの床に貼ってあるクッションフロアはお風呂にも貼れますか?

A.

お風呂以外の住宅に使用されている床材はいろいろとありますが、基本的にお風呂には使用できません。剥がれる可能性が高いからです。
例えばマンション等で雨がかかる共用通路の床に使用する防滑シートがありますが、確かに防水性能には優れていますがお風呂には不可です。
熱伸縮の問題があるからです。 つまり暖めると伸び、冷やすと縮む性質ですが、冬の寒い日に40℃のお湯を掛けると、例えば下地がタイルの場合、温度差が30℃以上になり下地の伸縮率の差によって剥がれると言う訳です。

Q.

介護保険の住宅リフォームに適用とは?

A.

介護保険で要介護、又は要支援の認定を受けられた方がお住まいの住宅をリフォームする場合、一定のリフォーム工事については20万円を上限として介護保険から給付を受けることができます。 工事費の1割(一定の所得のある方は2割)は自己負担です。
工事の前にケアマネージャーか、一定の資格を持った人に「住宅改修理由書」を書いてもらい、市町村の認定を受けます。
工事完了後、工事代金の領収書を添付して保険請求をすると9割が介護保険から給付されます。


浴室リフォームに関するご相談はどうぞお気軽に!
Copyright(c) 2015 Bath Beauty Inc. All Rights Reserved.